alt

NEWS


世界初、キッティング作業を劇的に軽減する次世代MDMサービスの提供を開始

2014-11-18
プレスリリース



ビズモバイル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO :小畑 至弘、以下 弊社)は スマートデバイスのキッティング作業を劇的に軽減する世界初の『仮想デバイス同期機能』および『テンプレート機能』を実装した次世代MDMサービスの提供を開始しました。
『仮想デバイス同期機能』は、実デバイスに設定したい内容を強制的に同期し、確実にキッティングを行う機能です。
『テンプレート機能』は、(1)各種設定(iOSの場合は構成プロファイルと呼ばれる形式で指定)、(2)各種アプリケーション(AppStoreアプリ・インハウスアプリ)、(3)各種コンテンツ(4)クライアント電子証明書を登録すると、自動的に仮想デバイスを生成する機能です。
『仮想デバイス同期機能』と『テンプレート機能』を組み合わることで、大量のデバイスに個別の『(1)設定(2)アプリケーション (3)コンテンツ (4)電子証明書』を簡単かつ確実に設定することが可能になりました。
これまでも弊社のMDMサービスは、他社と比べ、大量のデバイスに個別の設定を簡単に実施できると評価を頂いておりましたが、次世代MDMサービスの提供により、トータルな意味での作業工数を激減させることが可能になりました。また、導入時のキッティング作業だけでなく、運用時の各種設定やアプリの更新、機種変更やデバイス利用者 の変更などの作業にも大きな効果があります。
次世代のMDMサービスは、マルチデバイス管理サービス『BizMobile Go!™ 』 にて提供を行います。
『MCPCモバイル ソリューションフェア2014』で展示しますので、ご来場、心よりお待ち申し上げます。

 
本件に関するお問い合わせ
ビズモバイル株式会社 広報担当:中山
お問い合わせフォーム

 

『MCPCソリューションフェア2014』の出展概要つきましてはこちらをご覧ください。






Copyright© BizMobile Inc. All Rights Reserved. BizMobile株式会社
alt