L2Connect 概要



1.仮想スイッチによるオーバーレイネットワーク


仮想スイッチという共通の通信エンジンにより通信を行うことによる、高い保守性と品質
機種依存性が大きいユーザインタフェースを切り離した、各種OSへの高い移植性
通信回線の品質も考慮したネットワーク設計が可能
共通化されたAPIを通じた通信エンジンの制御が可能なため、他アプリケーションからの利用が容易
MACアドレスを用いた通信であり、プロトコルに依存しないネットワーク
通信制御がすべてのノード(仮想スイッチ)で可能

2.Ether over IPによるオーバーレイネットワーク


IP通信が可能であれば利用可能であり、インターネットと高い親和性
有線LAN、無線LAN,ダイアルアップ接続、パケット通信、電力線通信、漏洩型ケーブル等、各種通信方式に対応
NAT、プロキシサーバ、ファイアウォールに対する高い透過性
既存ネットワークポリシーを変更することなく利用可能

3.ソフトウェアによるオーバーレイネットワーク


仮想スイッチを色々なものに設置可能
物理デバイスから独立した仮想化されたインターネットであり、回線、キャリア、通信方式を問わず利用可能
ソフトウェアの設定変更だけで、ネットワークを変更
既存ネットワーク機器をそのまま利用可能で、多くの場合ネットワーク機器の設定変更も不要
高いスケーラビリティを持ち、必要なものを必要なときに必要な分だけ、購入して利用できる

alt
Copyright© BizMobile Inc. All Rights Reserved. BizMobile株式会社
alt