BizMobile Go! 特徴

5.安心を約束するビッグデータ分析システム


alt 大規模導入時にも安心

BizMobile Go! は、最初からクラウドサービスとして提供したため、大規模導入実績の豊富なMDMとして高い評価を得ることができました。安心して、大規模導入できるのにはちゃんとした理由があります。国内初の『ビッグデータ分析システム』に基づく、独自開発のデバイスシュミレータで、事前に動作や性能をシュミレーションが可能だからです。登録してみないと分からないMDMと違って、BizMobile Go! は、1万台以上の大規模導入時でも安心してご利用頂けます。





alt 常に改善され、障害対応時間も短縮

サービスの裏側では、MDM業界初、最大規模のビックデータ分析システムが常に稼働しています。これらは、BizMobile Go! の継続的な品質改善と障害検知、対応時間の短縮に大きな効果を発揮しています。


MDM業界で初めてのビッグデータ分析システムは、モニタリング用のSplunkと、分析用のTrasure Data、解析用のTableauを組み合わせた先進的なシステムです。これまで分析されてきたビッグデータは、在庫と受発注、出荷などのビジネス上意味のあるデータでした。BizMobileが収集しているログは、一つ一つは意味のないデータですが、これらを大量に集めて分析すれば、端末の状況を知ることができます。しかし、これまではログを集めたとしてもデータ量が膨大で、分析システムを作るのが現実的ではありませんでした。そのため、オンプレミス(自社設置)型のMDMでは、こうしたログは収集されず、問題が起きた時だけ、一時的に収集し、MDMベンダに送ってもらい分析する方法が取られています。しかし、この方法では、問題はほとんど解明できず、再現待ちという放置状態になるのが常でした。


膨大なログから検知されるバグ・不具合情報は、誰も気付かなかった障害の発見、障害発生時の切り分け、エビデンスとしてOSベンダへの問い合わせ時にも役立っています。過去の様々なOSのバージョンのバグや不具合なども蓄積れ、サポート実績に用いられます。MDMサービスを立ち上げた時から蓄積された過去ログを検索することもできるようになっており、顧客からの問い合わせ時に、その問題はOSのアップデートでしか解決できないとサポートから回答することもあります。


alt



alt 品質を保証するSLA

顧客満足度につながる指標として、MDM業界では世界初となるSLA(サービス品質保証制度)を定めています。これにより、クラウド型MDMサービスでは、国内初となる第三者評価機関の認定、ASP・SaaSの安全・信頼性に係る情報開示認定(認定番号0163-1208)を取得することができました。この制度は、ASP・SaaS サービスの利用を考えている企業や地方公共団体などが、事業者やサービスを比較、評価、選択する際に必要な「安全・信頼性の情報開示基準を満たしているサービス」を認定するもので、最近では官公庁向けの入札条件にも指定されています。(http://www.fmmc.or.jp/asp-nintei/)

alt
認定精度名称 ASP・SaaS安全・信頼性に係る情報開示認定制度
認定番号 第0163-1208号
認定サービス BizMobile
審査期間 一般財団法人マルチメディア振興センター
認定日 2012/8/7
認定期間 2012年8月7日から2018年8月6日
認定マーク alt
Copyright© BizMobile Inc. All Rights Reserved. BizMobile株式会社
alt